ふるさと納税とは

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは、税金を納める市町村を選ぶことができる納税制度です。
仕組みとしては、寄付という形で納税を行います。

寄付ですと控除対象になるので、地元に払う税金が軽減されます。

 

返礼品

そしてなによりいろいろニュースになるのが、返礼品です。
寄付を受けた市町村が、寄付のお礼の返礼品をくれるのです。

この返礼品があるために、ふるさと納税を行った方が得になることが多いのです。

 

たとえば何もしない場合、普通に住民税に市民税などを払います。
でもふるさと納税をを行った場合、納税はほぼ同じ(差額は2000円)です。
なのに返礼品をもらえることになります。

 

この返礼品がくせ者(笑)で、昔は金券など換金率が高い物があったりするので、いろいろ問題になっていたんですね。

今は行政の指導などで落ち着いてきましたが、おいしい状況は変わりません。

 

地域の特産品や、地元で着く歌家電などがあるからです。
つまり、納税ついでに買い物をしているような状況なんですね。

 

ふるさと納税 限度額

こんな奇跡の制度だったら、全部つこうたる・・・
と、無意味に関西弁になってしまいます。
でもやっぱり、限度額があります。

 

たとえば、年収300万円以下の独身。
これが労働世帯で最低金額ですね。
この場合、28,000円まで対象になります。

28,000円まで寄付して、返礼品をもらえるんですね。

 

もしこれふるさと納税を行わなければ、ただ28,000円を納税するだけです。返礼品をもらってももらわなくても、2000円しか違わないんですね。

詳しい金額や控除額に申し込み方法などは、専用サイトにサンプルがあります。
1度目を通しておくといいと思いますよ。

 

 

ふるさと納税

節約のためにたどり着いた節税方法の1つ、ふるさと納税について全国の返礼品や還元率を追求するふるさと納税マニアです♪

 

 


さとふる
<>

 

 

 

ページトップへ