手続きについて

ふるさと納税

手続きについて

あなたがもし、ふるさと納税をやってみたいのだけれども、いろいろな手続きが面倒そうで、最初の一歩が踏み出せないという状態なのであれば、。手続きが意外と簡単だということをご存じないからにすぎません。
すでに、大勢のかたがふるさと納税を行っていることを考えてみれば、手続きがひどく面倒だとは考えにくいですよね。

 

それではさっそく、ふるさと納税の手続きについてご紹介いたしましょう。
まず、知っていただきたいのは、ふるさと納税を行う場合、税金の還付や控除が受けられることになりますので、「確定申告」もしくは、年間の寄附先が5自治体までであれば、確定申告が要らない「ワンストップ特例制度」のどちらかの方法を選ぶというのが良いでしょうね。

 

 

そうすることにより、最終的な実質自己負担額を2000円に抑えることが出来ます。
どちらの方法を選んだとしても、原則として、還付される金額や控除される値段に差はありません。

 

では、なにが違うのかと申しますと、還付や控除の対象が違うのです。
確定申告をした場合には、所得税と住民税を還付・控除する手続きになりますが、ワンストップ特例制度の場合には、住民税だけが控除対象となるのです。

 

 

 

しかし、確定申告では所得税で還付される費用も含めて、ワンストップ特例制度では住民税の控除額となりますので、料金には差がなくなります。
理解できていますか。ただ、例外が見つけました。
住宅ローン控除を利用しているかたに限り、ワンストップ特例制度を選んだほうが、全体的な控除額が多くなる可能性が見つけました。

 

少しでも多い控除を望むかたは、事前に調べてみてから決めると良いですね。
自営業のかたで、これまでも毎年、確定申告をしていらしたかたは、そのまま確定申告で良いかと思いますが、確定申告をしたことがないかたや、し慣れていないかたは、ワンストップ特例制度のほうが、簡単だと思います。

 

 

確定申告自体が、慣れるまでは少々面倒に感じてしまう可能性はありますね。
ですが、どちらでも、あなたがお好きな方で行ってください。

 

これをしませんと、いくらお礼のオススメ品をご紹介しても、貰うことができませんので、ここだけは頑張ってやってみてください。
うん、現実にやってみますと、あなたが思っていたほど難しいことではないということがわかると思います。

 

ここをクリアしたあとで、オススメ品をもらうことができるのです。