控除上限額とは

ふるさと納税

控除上限額とは

ふるさと納税をする場合、「控除上限額」というのを覚えておくとよいでしょう。
控除上限額というのは、控除分に含まれる上限の代金のことを言います。

 

つまり、控除される金額を越えてふるさと納税に寄付をすることももちろん出来るのですが、その場合、超えた分は控除に含まれませんので、自己負担になってしまうため、上限の金額を覚えておいたほうが良いですよ、ということなのです。

 

 

上限の代金を知った上で、その範囲内ですと、自己負担が2000円だけですみますから、とてもお得ですよね。
さまざまなオススメ品があります。そんな感じの素敵な返礼品がいただけたうえに、還付や控除も受けられるのです。 みなさんがふるさと納税のことを騒ぎ立てるのも納得しませんか。

 

ところで、この控除上限額というのは、あなたのお住まいの地域やあなたの年収、家族構成などによりかわってきます。
自己負担金を2000円におさえたいかたは、ふるさと納税のサイトで、シミュレーションできるサイトがあります。そちらでとは言ってもシビアな話現実にやってみることをお勧めします。

 

 

だいたいの基準となりますように、いくつか例をあげてみましょうか。
たとえば独身のかたで、年収が300万円としましょう。

 

そのかたの場合ですと、自己負担金を2000円におさめるには、控除上限額は2万7000円ということになります。
2万7000円の寄付があれば、返礼品は、とても良いものが貰えます。

 

 

 

のちほど、具体的なオススメ品のご紹介などもいたします。あなたが本気でふるさと納税を考えているのでしたら、色々な返礼品が載っているサイトを、ちらっと覘いてみると良いと思います。
2万7000円の寄付でも、いただける品に迷ってしまうくらい、素敵なものが数多くあると思いますよ。

 

これが、たとえば家族がいらっしゃるかたで、共働き(配偶者控除を受けていない場合)で高校生のお子様一人、そして年収が600万円だとしましょう。
その場合には、自己負担金が2000円で、6万7000円が控除上限額ということになります。

 

 

けっこう驚きませんか。すぐに、でも、ふるさと納税をやってみたくなりませんか。
これほどお得感があるので、世間のかたがたが、ふるさと納税といって騒いでいるのです。

 

納得されたことと思います。まずは、あなたもシミュレーションしてみると良いですよ。